マンゴー豊作! 4つのマンゴーを食べ比べてみた。

食べ物のこと -food-

マンゴー豊作! 4つのマンゴーを食べ比べてみた。

令和元年、今年はマンゴーが豊作なようで、値段が少し安くなっています。一般的にマンゴーというとオレンジ〜赤い色の「アップルマンゴー」が有名かな、と思いますが、他にもマンゴーとして売られているものもあったので、4つのマンゴーを買ってきて食べ比べてみました。

沖縄で買ったいろいろなマンゴー

左下がアップルマンゴー、そこから時計まわりで、玉文、キーツマンゴー、タイマンゴーとなっています。

アップルマンゴーは多くの人がイメージするマンゴーの香り、そしてしっかりとした甘さを感じられるもので、糖度が高め、クセは弱め、かなと。

アップルマンゴー

このアップルマンゴーをものさしにして、他のマンゴーと比較してみたいと思います。

台湾生まれのマンゴー「玉文」

まずは見た目がアップルマンゴーに近い「玉文(ギョクブン)」です。

マンゴー ギョクブン種

食べた時期によるのかもしれませんが、身&皮がしっかりとしていて皮を剥きやすく、甘さは程よく、少し野菜の雰囲気もあるマンゴーに感じました。

玉文

完熟しても緑色のマンゴー「キーツマンゴー」

続いては、緑のマンゴー「キーツマンゴー」です。皮は緑ですが、カットしてしてみると中はしっかりオレンジ色でした。

キーツマンゴーも中はオレンジ

いただいてみると、アップルマンゴーと同じくらい、もしくはそれ以上に甘く感じました。甘さもべったりとしたものではなくて、とても美味しく感じました。今回いただいたマンゴーの中ではベストでした。

キーツマンゴー

赤いものが熟しているとか、糖度が高いとか、そんな常識を覆してくれる美味しいマンゴーですね。

細長いタイマンゴー「ナムドクマイ」

続いては、タイやベトナムを彷彿させる名前のマンゴー「ナムドクマイ」です。追熟させていたら、黒くなってきて少し驚きました。

タイマンゴー ナムドクマイ

こちらもカットしたら中はオレンジでした。

中はオレンジ

今回食べたマンゴーの中で一番特徴的でした。もっとも現地的というか、トロピカルというか、クセがありました。思い出したのはドリアンの甘さで、決して臭いわけではありませんが、甘さと一緒に独特の香りを感じました。家で食べるというよりは、旅先で食べるような、そんなイメージでした。

タイマンゴー ナンドクマイ種

ちょっと注意事項

独特の香りがありつつ、甘くて美味しいマンゴーですが、実はウルシ科の果物です。皮や果汁に触れるとかぶれたり、痒くなったりすることもあるそうなので、お気をつけください。

果物なので個体差があります。当たり外れはありますが、今回いただいた中で一番美味しかったのは、キーツマンゴーでした。まだ食べたことの無い方は、ぜひ緑のマンゴーを食べてみてはいかがでしょう?(贈答品的には赤いマンゴーの方が喜ばれそうですけども…)

シュノーケリング写真は魚眼が楽しい! OLYMPUS Tough TG-6 & FCON-T02 レビュー海の写真は魚眼が楽しい! OLYMPUS Tough TG-6 & FCON-T02 レビュー前のページ

PowerShot G5 X Mark II を持って末吉公園に行ってきた。次のページPowerShot G5 X Mark II を持って末吉公園に行ってきた

カテゴリー

ピックアップ

  1. 目利きの銀次 新都心店
  2. ひつじとぶどう畑
  3. お店の人に話を聞こう
  4. 新型フリード 2016年モデル
  5. しおまねき






  1. 新型フリード 2016年モデル

    レビュー -review-

    2代目(2016年型)フリードレビュー:安全性&居住性、ファミリーカーはフリード…
  2. 葛西純選手

    考えた -I think-

    おじさんはヒールであるべき!
  3. いろんな道

    考えた -I think-

    頭をよくする3つの方法
  4. 沖縄そば

    思い込み -Beliefs-

    沖縄そばは三位一体、バランスが命!
  5. Strip in Oregon

    知りたい -wants-

    アメリカで二日連続ストリップに行ってきた!
PAGE TOP