マリオネット

旅 -journey-

チェコ旅行記 #10 プラハの国立マリオネット劇場で人形作りに挑戦!

チェコ政府観光局Linkトラベラーズとのタイアップでチェコへの旅に…

プラハ3日目は、国立マリオネット劇場から始まりました。

国立マリオネット劇場

入り口近くに飾られていたマリオネット(糸繰り人形)は、モーツァルトのオペラの主役で、2,000人の女性を関係を持ったとされる女たらしの貴族、ドン・ジョヴァンニです。最終的に地獄に落ちるというすごいお話ですが、プラハでは人気の演目なんですって。

ドン・ジョヴァンニ

さて、劇場の中はクラシックな木の椅子が並んでいます。

国立マリオネット劇場 客席

この日は劇場の見学とマリオネット制作のワークショップだったので、人形劇は見ていないのですが、舞台や舞台裏はしっかりと見せていただきました。まずはこちらが客席から見た舞台です。

国立マリオネット劇場 舞台

そして舞台裏、というか、舞台下?

舞台裏

劇場用の人形なだけあって、マリオネットはかなり大きく、結構重かったです。すごいね〜、なんて話をしながらマリオネットをいじっている時に、なんだか視線を感じるなぁ、と思っていたんですが…

マリオネットを操る?

見てた!

マリオネットが見てた

さて、こちらにはいろいろなマリオネットが飾られていました。

博物館

どれもすごくしっかりと作られているんですが、ちょっと異色だったのはこちら。

まさに鬼!

鬼です。節分に出てきそうな鬼ですが、海外の鬼もこんな感じなんでしたっけ?

マリオネットのワークショップ

さて、このマリオネットを簡易的に作っちゃおう、というワークショップに参加してきました。まずはどの人形がいいか、顔と衣装を選びます。

どれにしようか…

僕はラメラメでエロい髭をたくわえたおじさんを選んでみました。

人形を作ります

ボディや太もも部分は木で軽いのですが、腕や足は動きを出すためでしょうか、紙粘土で作られたパーツでちょっと重いです。まずは糸でつなげて素体を完成させて…

素体完成

衣装を着せて釘で固定、頭をセットしたら、腕と足に操るための糸を通して、ちょちょっと調整したら完成です。

仕上げはおね〜さ〜ん♪

どうも、できました。

できました!

こういう操り人形で遊んだ記憶ってあまりないんですが、自分で作った人形だからか、なんだかおじさん4人でもめっちゃ楽しそうです。いや、実際にめっちゃ笑いながら、「ドリフの大爆笑」のオープニングを真似してたんですけども…

笑顔で操る

ちなみに、女性陣の多くは女性型の人形を作っていましたが、衣装がスカートだと簡単すぎる、ということでしたので、ワークショップに参加する際には、アクの強いおじさんキャラを選ぶことをオススメします。

みんなでポーズ!

最後はみんなで記念撮影!

作った人形は長い筒のようなケースに入れた上でお土産にいただけたんですが、持ち帰りが結構大変だった(というか気を遣う)ので、大きめのスーツケース等で来られた方にオススメです。僕は大きめのバックパックで来たので、これは手持ちで帰りましたが、無事に沖縄まで持って帰ることができました。

[関連リンク]
National Marionette Theatre Czech republic(公式サイト)
国立マリオネット劇場(トリップアドバイザー)

おじさんの目線
次に操る機会はいつ訪れるだろうか…

カテゴリー

ピックアップ

  1. お店の人に話を聞こう
  2. なめたいうなじ
  3. 世界有数の歓楽街
  4. みそ汁
  5. 目利きの銀次 新都心店
  1. みそ汁

    食べ物のこと -food-

    沖縄の食堂で「みそ汁」を頼むと…
  2. Strip in Oregon

    知りたい -wants-

    アメリカで二日連続ストリップに行ってきた!
  3. お店の人に話を聞こう

    お酒のこと -drinkin-

    ひとり酒を楽しむための4つの心得
  4. サムライ

    日常のこと -diary-

    サムライアーマーフォトスタジオで甲冑を着て写真を撮ってきた!
  5. “那覇のディープスポット”栄町

    お酒のこと -drinkin-

    “那覇のディープスポット”栄町のオススメ飲み屋・居酒屋 9選
PAGE TOP