手に馴染む

レビュー -review-

iPhone 11 Pro のスマホケースはやっぱりSpigenがオススメ

iPhone X から iPhone 11 Pro に乗り換えました。以前、スマホケースに関してこんな記事を書きました。

 
この記事を書いたのは1年前、iPhone X にして spigen(シュピゲン)のケースを使い始めたのは2年前ですが、結局、iPhone を割ること無く、2年経ちました。何度か落としてはいるんですが、spigenのケースが役立ったようです。

spigen(シュピゲン)ネオハイブリッド 使用後

色違いで2つのケースを使ったんですが、使い終わったケースはこんな感じに傷がつきました。ケースはいくらでも傷ついていいんですが、本体に傷がつくのは困るわけで、このケースによってそういう自体は免れました。ということで、もちろん iPhone 11 Pro になっても spigen のケースがオススメです。

Spigen ハイブリッドNX と iPhone 11 Pro

ケースを選ぶ時に、人それぞれいろいろなポイントがあると思いますが、僕のケース選びのポイントは以下のような感じです。

ケース選びのポイント
・頑丈で中のスマホを守ってくれる(背面の傷も防ぎたいのでバンパーは無し)
・ポケットに入るサイズ感(手帳型は無し)
・Qi規格に対応している(せっかくワイヤレス充電ができるので)

そんな観点から今回選んだのが、spigen ハイブリッドNXです。

シンプルすぎず、派手すぎないデザインも好みです。

高級感を感じるケース

頑丈で中のスマホを守ってくれる

それがなんなのかはわかりませんが、このケース、米軍軍事規格(Military Grade)を取得しているんだそうです。ケース内側はクモの巣状の加工が施されていたり、TPU素材のケースとポリカーボネート素材の二重構造になっていたりと、端末への衝撃を効率よく逃がすための工夫があります。

中はスパイダー加工

ポケットに入るサイズ感

あまりゴツゴツせずに手に馴染むことだったり、ポケットにするっと入ることも大事なポイントです。ハイブリッドNXの手触りはザラザラだったり、ギザギザだったりしなくて心地いいんですが…

iPhone 11 ProのスマホケースはやっぱりSpigenがオススメ

横面にはデコボコの加工がしてあり、ちゃんと握っている時には滑りにくくなっています。例えば、iPhoneを握って走ってて、iPhoneが手から抜けちゃうようなことは少ないと思います。

横面の加工がいい感じ

ガラスフィルムには spigen GLAS.tR ALIGN master もオススメ

ケースも大事ですが、同じように大事なのが前面のガラスです。ということで、ガラスフィルム装着はマストですが、それも spigen がオススメです。GLAS.tR ALIGN master という商品はガラスフィルムを貼るためのガイドが付いていて、ズレることなく一発でキレイに貼ることができます。

spigen GLAS.tR ALIGN master

もちろん、ケースとの干渉もありません。この通り、キレイに貼ることができます。

手に馴染む

ということで、spigen 無しでは安心して使えない僕のiPhoneライフという感じです。まあ、今までも同じようなポイントでスマホケースを選んできて、iPhone 3GS以降、10年に渡ってスマホを壊していないので、この選択は間違いないと思ってます。スマホを壊したくない方はぜひ。

ちなみに、Pixel 4用のケースも同じ感じのがあったので、Pixelの方もチェックしてみてください。

【関連リンク】
spigen iPhone 11 Pro(公式Amazonストア)

カテゴリー

ピックアップ

  1. すすきの ガールズバー ミリオン
  2. 目利きの銀次 新都心店
  3. なめたいうなじ
  4. Strip in Oregon
  5. 精米機でおいしいごはん






  1. 葛西純選手

    考えた -I think-

    おじさんはヒールであるべき!
  2. デジカメよりもレンズにこだわれ

    思い込み -Beliefs-

    写真にこだわるならカメラよりもレンズにこだわれって話
  3. 新型フリード 2016年モデル

    レビュー -review-

    新型フリードレビュー:安全性&居住性、ファミリーカーはフリード 6人乗りがオスス…
  4. 目利きの銀次 新都心店

    お酒のこと -drinkin-

    沖縄の居酒屋「目利きの銀次」がすごい! ただし…
  5. ひつじとぶどう畑

    旅 -journey-

    クラフトビール好きにオススメ! NZビール紀行まとめ
PAGE TOP