鷺と…

日常のこと -diary-

都内でボーッと癒される… 清澄庭園がオススメ!

東京メトロ・清澄白河駅から徒歩3分のところにある清澄庭園はご存知でしょうか? 明治11年に岩崎弥太郎がそれまであった屋敷跡を改修したり、東京に寄付したりして、今では誰でも入れる庭園となっています。

清澄庭園

入場料は大人150円とペットボトルのドリンクくらいのお値段ですが、ある程度の広さもあるし、緑も水もあるし、生き物もいるし、ボーッとするのにオススメの場所です。まずは入り口で入場券を買って、中に入りましょう。

清澄庭園 入り口

お麩を持って行こう!

中に入ってすぐ右側に以前は売店があり、そこで鯉や亀にあげるお麩が変えたんですが、販売は終了していました。なので、清澄庭園をガッツリ楽しみたい方は、どこかでお麩を仕入れてから遊びに行ってください。

お麩の販売は終わってた…

園内は大きな池があり、その周りを歩くことができます。ベンチもあるので、休みながら景色を眺めることもできます。

清澄庭園 池

清澄庭園 池

小島

清澄庭園は日本の名石がいろいろとあるのですが、石に興味がある人は少ないだろうなぁ、と思います。

石

石

石つながり、というわけではないかもしれませんが、石榴(ザクロ)もありました。

石榴

緑と生き物に癒される

池ではかなり大きい鯉が泳ぎ、岸辺では亀が甲羅干しをしています。

亀と鯉

ただ、亀や池の生物に触ろうとするのはオススメしません。

触るな危険

すっぽんもいて、噛まれたらひとたまりもなさそうです。お麩をあげてみれば、咬みつきの鋭さにびっくりすると思います。

すっぽん

池の生き物が、ちょっとでもお麩をあげている人がいると判断した場合、その人の周りに鯉も鴨も亀もすっぽんも集まってきます。

鯉 大挙

パクパク

鷺だけはちょっと離れたところで悠然と見ている感じでしょうか。

さぎ?

オレ鷺鷺

こういう橋の脇にいるような亀でも、餌をくれる可能性があると判断すると…

亀です。

どんどん迫ってきます。

亀 大挙

亀さん

亀さんアップ

こちらは涼亭という建物です。予約をすると 3.5時間 5,500円で借りることができるようです。本格的にゆったりするのに良さそうですね。

小屋

ということで、お麩をあげて生き物とのふれあいを楽しむもよし、緑や水を眺めるもよし… なんだか癒される清澄庭園、オススメです。

水面に映る

橋

道

夏の名残

水

おまけ:ブルーボトルコーヒー

清澄庭園から徒歩8分くらいの場所にある「ブルーボトルコーヒー」、週末はまだ並んでいました… これはお店の側面ですが、正面やお店の中にも並んでいましたよ。

ブルーボトルコーヒー 行列

[関連リンク]
清澄庭園(東京都公園協会)

おじさんの目線
水辺というのは癒されます。ただ、すっぽんだけには気をつけて!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ピックアップ

  1. なめたいうなじ
  2. お店の人に話を聞こう
  3. 精米機でおいしいごはん
  4. サムライ
  5. デジカメよりもレンズにこだわれ
  1. 沖縄そば

    思い込み -Beliefs-

    沖縄そばは三位一体、バランスが命!
  2. 目利きの銀次 新都心店

    お酒のこと -drinkin-

    沖縄の居酒屋「目利きの銀次」がすごい! ただし…
  3. デジカメよりもレンズにこだわれ

    思い込み -Beliefs-

    写真にこだわるならカメラよりもレンズにこだわれって話
  4. サムライ

    日常のこと -diary-

    サムライアーマーフォトスタジオで甲冑を着て写真を撮ってきた!
  5. Strip in Oregon

    知りたい -wants-

    アメリカで二日連続ストリップに行ってきた!
PAGE TOP