休養

考えた -I think-

自分にはどんな休養が合っているのか?

ガッツリ遊びきるためには、しっかりとした休養も大事。そんな年齢になってきました。遊ぶための休養。つまり休養も遊びのうち。

自分にはどんな休養が合っているのか、ご存知ですか?
僕は暗闇と静寂に身をおくことが自分の体には合っていると思っています。とにかく外からの情報を無に近くして、体を休める感じ。ここ数年は住まいを選ぶ時、「寝室が静かかどうか」を重視しています。

休養

昔、イトイさんが「墓地」としてのリゾートホテルと書いていました。

このホテルの設計思想は、おそらく「墓地」なんですね。死者に安息を与えるための墓地のあり方こそが、生者に安息を与えるリゾートの見本だったというわけです。

死んだように休む、というのが、理想の休養と言えるのかもしれません。

墓地

暗かったり無音だと眠れない人がいることを考えると、これがすべてじゃないんだろうけど、自分、そして身近な人の体と脳はどんな状態だと効率的に回復するのか、把握しておくこともおじさんとしては大事なんじゃないかな~、思います。

おじさんの目線
癒せる男はモテると思います。

カテゴリー

ピックアップ

  1. いろんな道
  2. 精米機でおいしいごはん
  3. Strip in Oregon
  4. 新型フリード 2016年モデル
  5. ひつじとぶどう畑






  1. デジカメよりもレンズにこだわれ

    思い込み -Beliefs-

    写真にこだわるならカメラよりもレンズにこだわれって話
  2. ひつじとぶどう畑

    旅 -journey-

    クラフトビール好きにオススメ! NZビール紀行まとめ
  3. いろんな道

    考えた -I think-

    頭をよくする3つの方法
  4. “那覇のディープスポット”栄町

    お酒のこと -drinkin-

    【2018年版】“那覇のディープスポット”栄町のオススメ飲み屋・居酒屋 9選
  5. なめたいうなじ

    考えた -I think-

    うなじ舐めたいと言えるようになったのは…
PAGE TOP