テキーラ!

お酒のこと -drinkin-

メキシコ旅行は2日目で早くもメインイベント! 飲んだテキーラは15杯!

2日目… 疲れているし、睡眠不足のはずなのに時差ボケで朝4時過ぎに目が覚めてしまう。ブログを書いて時間を使っていると7時過ぎになって、外が明るくなってきたので散歩に出かけました。

チャパリータを散歩

グアダラハラで宿泊しているエリアは「チャパリータ」ってところでした。昔、女子プロレスラーにチャパリータASARIという選手がいたんですが、「チャパリータってこれか!」って思って調べてみると、チャパリータは「かわいい岩」みたいな意味でした。

さて、GoogleMapでタコスって検索しながら散歩をしていると、お店の裏手で豚を煮込んでいるお店を発見!

店の裏で肉を煮込む

ということで、8時の開店と同時にここで朝ごはんをいただきました。メキシコで初めてのメキシカンです。

一番乗り

まだお店の準備もできていなかったのですが、一番乗りでいただきました。トーストタコス、みたいな感じのトスターダです。3つのトスターダに小さいコーラをつけて500円くらいだったかな。お肉はほどよくジューシーで、そこにライム&サルサを加えて、さらにジューシーにしていただきました。

トスターダ トレス

いやぁ、タコスって本当に美味しいですね。でっかい唐辛子もそこまで辛くなく、いい箸休めになりました。

ホテルに戻ってみると、昨日は夜中で見えなかった外観が見えました。大きくはないけど、雰囲気があって素敵なホテルです。

グアダラハラ ブティック マンション

「ホテル ブティック ラ マンション グアダラハラ」というホテルで、小さいけどリゾートチックなプールや小物もあってよかったです。

ホテルからの眺め

さて、今回のテキーラツアーは現地ツアーや旅行会社のツアーではなく、日本人のガイドをお願いしていました。Amiさんという方で、僕はロコタビというサイトで見つけてお願いしたんですが、テキーラジャーナルの目時さんと一緒に回っていたり、後で知ったんですが、今回の旅のきっかけになった方もガイドしてたそうで、もうグアダラハラでガイドをお願いするならこの方しかいないんじゃないかと思いました。

アガベを眺めながら移動

ということで、ガイドのAmiさん夫妻と合流して、テキーラ方面に向かいます。最初の目的地はカスカウィン蒸留所ですが、ちょっと時間があったので、カスカウィンの近くで軽食を食べて…(写真左はAmiさんのパートナーのIvoさん)

軽食

いよいよカスカウィン蒸留所へ!

カスカウィン蒸留所

日本人唯一のテキーラ職人である景田哲夫さんに蒸留所内を案内していただいたり、お話を聞かせていただきました。

アガベ、重いのよ。

詳しくは別途ブログ記事でアップしますが、ここに来ないと絶対にできない体験や貴重なお話を伺うことができました。

ここでアガベを蒸し焼きにします。

50年以上に渡ってファミリー経営で地域の人たちの雇用を守っている小規模な蒸留所ということで、泡盛の酒蔵の人が見学に来たらめっちゃ刺激を受けたり共感することがあるだろうなぁ、なんてことも思いました。

昔の発酵タンク

見学中にもできたてのテキーラやできる前のテキーラを飲ませていただきましたが、最後は新しくできたスペースでしっかりと試飲を楽しみました。

カスカウィンで試飲をいろいろ

これ、日本で飲んだら5,000円は超えるラインナップなんですが、それを職人さんのお話を聞きながらいただけるってのは本当に贅沢だと思いました。(見学+試飲の料金は550ペソなので、4,000円くらい?)

日本人唯一のテキーラ職人 景田さん

最後に景田さんをお姫様抱っこさせていただいて、今日は僕にとってのテキーラ記念日!

さて、次はテキーラ村に向かいます。が、その前にランチです。Ivoさんオススメのお店でカルニタスをいただきました。これも詳細は別途記事で書こうと思います。

カルニタス

次にやってきたのは、テキーラにある Tequila Factory La Cofradia(コフラディア)です。ここの工場見学&試飲ツアーに参加しました。

Tequila Factory La Cofradia

カスカウィンとは違い、かなり大規模な蒸留所で、ツアー見学者を受け入れるだけではなく、大きな樽型の宿泊施設もありました。👇これ、樽ひとつがひとつの宿泊施設になっています。

樽ひとつが部屋になっている。

コフラディアでは、20人くらいのツアーになったんですが、愉快なメンバーで面白かったです。

ツアーガイド「テキーラは好きですか〜!?」
みんな「ノー! 大好き〜!!」

みたいなノリでした。ビール工場見学もそうだけど、お酒のツアーは面白い! ということで、ここでも試飲です。

コフラディアでも試飲

カスカウィンで8杯、コフラディアで7杯のテキーラをいただきました。このあたりでテキーラを飲むのがしんどくなってきました。ずっとストレートで飲んでたってこともありますが、何よりも時差ボケですね。

コフラディアツアーは陽気で楽しかった!

でも、やっぱりみんなで乾杯するのは楽しかったです。お酒っていいなぁ。

さて、コフラディアを後にしたら、次はテキーラ村です。

テキーラ!

って、その語感から少し野暮ったい「村感」を想像していたんだけど、全然観光地でした。見たこともないテキーラが買えるかもしれない、なんて思ってたんですが、そんな感じでもなく、なんとなく街並み(村並み?)を眺めてテキーラ村を出ました。たしかにテキーラジャーナルにも「テキーラ村の楽しみ方」みたいなことは書いてなかったわ〜。

さて、ここでAmiさんが時々飲むという「カンタリート」というカクテルを飲んで帰らないかとお誘いがあり、答えはもちろんYESで、カンタリートのお店を目指しました。

が、すでに目当てのお店は閉まっていて、道路の反対側にも出してそうなお店があったので、行ってみました。この雰囲気、ひとりじゃ入れないわ〜。

カンタリートを探して…

サイズが2種類ありましたが、大きい方にしてみました。坪の周りに唐辛子的な調味料と塩をつけて、そこにグレープフルーツやレモンを絞り、さらにテキーラと氷、そしてスクアート(グレープフルーツソーダ)を入れたら完成です。

おねえさんが絞る

これがカンタリートです!

カンタリート!

飲んでみたところ、まずくはないけど、美味しくも… そして辛い?

どうやら40点

「Amiさんたちがいつも飲んでいるカンタリートが100点だとして、このカンタリートは何点?」って聞いたところ、「40点…」ということでした! カンタリート先生の次回作にご期待ください! これ、日本に帰ったら作ってみようかな。

ということで、カンタリートを飲みつつ、ホテルに戻りました。Amiさん、Ivoさん、ありがとうございました!

山肌が青い

高速道路から見える山肌がアガベで青くて、それがすごく印象的で良かったです。

さて、晩ごはんはIvoさんにオススメしてもらったタコスを食べに出ようかと思ったんですが、時差ボケで疲れちゃってたので、DiDiFoodでタコスを頼んでみました。

こんな感じで届きます。

タコス2つとケサディーヤ1つ、サルサ多めでお願いしました。全部コミコミで1,200円くらいです。

DiDi Foodでタコス

お肉の食感がしっかりとあるし、ケサディーアのチーズは美味しいし、満足のデリバリーでした。

テキーラの蒸留所の見学記事はこちらで詳しく書いていますので👇よろしればぜひ!!

ということで、後は明日までしっかりと寝るだけ! ここで時差ボケ解消できないとしんどいぞ〜。

メキシコ紀行初日は26時間の移動で終わる…メキシコ紀行初日は26時間の移動で終わる…前のページ

メキシコ旅行3日目! お目当てのテキーラを買って、オススメのタコスを食べる!次のページメキシコ旅行3日目! お目当てのテキーラを買って、オススメのタコスを食べる!

カテゴリー

ピックアップ

  1. “那覇のディープスポット”栄町
  2. お店の人に話を聞こう
  3. なめたいうなじ
  4. デジカメよりもレンズにこだわれ
  5. すすきの ガールズバー ミリオン






  1. お店の人に話を聞こう

    お酒のこと -drinkin-

    ひとり酒を楽しむための4つの心得
  2. “那覇のディープスポット”栄町

    お酒のこと -drinkin-

    【2018年版】“那覇のディープスポット”栄町のオススメ飲み屋・居酒屋 9選
  3. Strip in Oregon

    知りたい -wants-

    アメリカで二日連続ストリップに行ってきた!
  4. デジカメよりもレンズにこだわれ

    思い込み -Beliefs-

    写真にこだわるならカメラよりもレンズにこだわれって話
  5. 葛西純選手

    考えた -I think-

    おじさんはヒールであるべき!
PAGE TOP