【沖縄の道の駅】うるま市の進化した道の駅「うるマルシェ」

旅 -journey-

【沖縄の道の駅】うるま市の進化した道の駅「うるマルシェ」

沖縄の県庁所在地は本島南部にある那覇市ですが、本島中部にも、意外とユニークな施設があるんですよね。本島中部のうるま市にある「うるマルシェ」もそんな施設のひとつで、沖縄県民にも観光客にもオススメなのでご紹介します。

とりあえず結論としては
・沖縄の生鮮食料品がたくさん揃っている
・新しくて綺麗なデザイン、建物
・雨の日も楽しめる施設としてオススメ

うるマルシェ(うるま市農水産業振興戦略拠点施設)

まず場所ですが、本島中部の東側、イオン具志川の隣、勝連城跡や海中道路の手前にあります。那覇からは高速道路を使えば車で30〜40分くらいです。

ほとんどの人が車で来ます。駐車場はありますが、施設の大きさを考えるとちょっと足りてない気も… 停めるのに少し苦労するかもしれません。隣にスポーツオーソリティがあるんですが、そちらの駐車場はかなり空いてます。提携して停められるようにしてほしいなぁ。

うるま市 うるマルシェ

さて、僕が行った日はあいにくのお天気でしたが、基本的には屋内施設なので天候は関係ありません。駐車場からの移動はありますけども…

中に入ると他の道の駅と同様、契約している農家さんのいろいろな野菜が並んでいます。

道の駅的

天井が高いので開放感があるのも特徴です。

広い空間にいろんな食材が並ぶ

基本的にはうるま市産の野菜が多いようですが、他にも東村のパインや、青森のニンニクなんかもありました。つまり美味しいとこ取り。

東村のパイン

沖縄はもやしが安くないので、各道の駅にはだいたい「もやし詰め放題」があります。うるマルシェにもありました。

もやし詰め放題

うるマルシェは正確には道の駅ではなく、農水産業振興戦略拠点施設です。それゆえ、野菜だけではなく海産物やお肉、加工食品、いろいろなお惣菜も充実していました。

マグロ、ビタロー、シチューマチ… 県産の魚がいろいろ

魚は氷の上に並べられたものもありましたし…

氷の上に並ぶ魚

パックに入って売られているものもありました。

ビタロー、シチューマチなどなど

もちろん切り身も売っています。

魚やイカの切り身

沖縄らしく、トンボマグロのサクも売っていました。

トンボマグロ

シチューマチ、ガーラ、カタカシ、ミーバイ、と沖縄の魚にまぎれて、サーモン(ノルウェー産)もありました。

県産魚の刺し身

お土産に良さそうな加工品も売っています。

魚介系な加工品

牛、豚、鶏… お肉はなかなか特徴を挙げるのが難しいですが…

お肉もあります。

解体したての豚をその場で好きなサイズにカットして売ってくれるイベントもありました。どこでも100g117円と安いし、好きにカットしてもらえるって、すごいと思いました。僕は肩ロースを大きめのげんこつ一つ分くらいでいただきました。550gで600円くらいでした。(ちなみに、毎日やっているわけではないようです)

豚肉どこでも100g117円

ヤギ刺が売っているのは沖縄ならではでしょうか。

肉の加工食品

島で一番安い山羊汁?

お惣菜コーナーには、ポークたまご的なお弁当やじゅーしー(沖縄風炊き込みごはん)おにぎりがありますが、これはどの道の駅にもありそうです。

お惣菜コーナー

が、なんとうるマルシェには、山羊汁がありました。しかも500円というお値段。

山羊汁が500円

山羊汁って結構高いイメージあり、お店で食べると1,000円はくだらないと思いますが、まさかの500円。思い出に食べてみるのも良さそうです。

田芋じゅーしー

他にも田芋をつかったじゅーしーも珍しいです。これは買って帰ればよかった、と後悔しているものになります。次回は必ず。

と、沖縄的なものが並んでいる中、いきなりグリーンカレーが出てきたりもします。この、今風な感じもいいですよね〜。

グリーンカレー!

地元の方向けに島豆腐や…

島豆腐

沖縄そばの麺もいろいろ売っていました。沖縄そばは、地域によって麺の形が違うって知らない人が多いんじゃないでしょうか。

いろんな沖縄そば

一角にはカフェ&ベーカリーというコーナーもあり、大きなパンも売られていました。

カフェ&ベーカリー

パンの種類も幅広いです。

パンもいろいろ売ってます。

そして、カフェ&ベーカリーの横にはキッチンスタジオまで併設されていました。こちら、借りて調理をすることもできるんだとか。

キッチンスタジオ

ただし、買ったものをその場で調理できるわけではなく、現在はイベント的に使われているようです。ここ、せっかく設備があるので、買ったもので調理してくれる人がいたりしたらいいのになぁ、なんて思いました。

ただ、その場でお腹が空いても困ることはありません。うるマルシェにはフードコートが併設されていますし…

フードコート

産直レストランもありました。ここはまた別で行ってみなければ…

食堂

ということで、沖縄の食に関していろいろなものがある「うるマルシェ」、美味しいものや珍しいものが好きな人であれば、ぜひ行ってみてほしい施設です。

【関連リンク】
うるマルシェ(公式サイト)
うるマルシェ/うるま市農水産業振興戦略拠点施設(Facebookページ)

カテゴリー

ピックアップ

  1. なめたいうなじ
  2. ひつじとぶどう畑
  3. お店の人に話を聞こう
  4. デジカメよりもレンズにこだわれ
  5. “那覇のディープスポット”栄町






  1. “那覇のディープスポット”栄町

    お酒のこと -drinkin-

    【2018年版】“那覇のディープスポット”栄町のオススメ飲み屋・居酒屋 9選
  2. すすきの ガールズバー ミリオン

    お酒のこと -drinkin-

    札幌のガールズバーはミリオンがオススメ!
  3. いろんな道

    考えた -I think-

    頭をよくする3つの方法
  4. 沖縄そば

    思い込み -Beliefs-

    沖縄そばは三位一体、バランスが命!
  5. 目利きの銀次 新都心店

    お酒のこと -drinkin-

    沖縄の居酒屋「目利きの銀次」がすごい! ただし…
PAGE TOP