ウルトラマンガイア

考えた -I think-

ウルトラマンガイアをオススメしてみる

最近、特撮好きってオトナに会うことが多いです。オトナもこどももおね~さんも、という感じですよ。

で、そんな特撮好きが意外と見ていないんだけど、超オススメだよ、というのがウルトラマンガイアです。ということで、突然ですが、平成ウルトラマン三部作の3作目、ウルトラマンガイアの紹介をしてみたいと思います。

ウルトラマンガイア

まず、ガイアを語る上で外せないのが、ライバルの存在。

正義の味方か、悪魔の使者か… ふたりのウルトラマンが登場

主人公はウルトラマンガイアという、ウルトラマンらしいウルトラマンです。「らしい」ってのはどういうことかっていうと、デザインがシンプルで初代ウルトラマンに近いデザインになっているんですね。で、ガイアには、ライバルが出てきます。それがウルトラマンアグルです。アグルは青いウルトラマン。それまでに青いウルトラマンってのはいなかった、正確には、青いことがアイデンティティのウルトラマンがいなかったんです。赤と青の対照的なヒーローってことですね。

ウルトラマンアグル

地球にとって人間とは何か?

ガイアという名前からもわかるかもしれませんが、このウルトラマンの世界では、ウルトラマンは宇宙人ではなく、地球出身で地球が赤と青、ふたりのウルトラマンを生み出した、というお話なんです。時代は現代、環境を破壊して野生生物を絶滅させ、地球自身を破滅に追いやるかもしれない現代の人類が描かれていて、その中で、ふたりの人間が地球からパワーを授かるんです。

赤いウルトラマンは、人間を信じているんですが、青いウルトラマンは若干中二病的で、人間がいない方が地球にとってはいいんじゃないか、って考えている節があるんです。その葛藤や対立が描かれるんですが、もちろん怪獣も出てきます。

怪獣も生き物なので、自分のテリトリーを守るために暴れるんですが、地球の怪獣は野生動物と同じような扱いなんですね。田舎の集落に熊が現れる感覚に近いのかな、と思います。なので、青いウルトラマンは怪獣に味方したりもします。悩みます。

ウルトラマンガイア

宇宙にとって地球とは?

そんな地球なのですが、宇宙からも怪獣がやってきます。地球の怪獣とウルトラマンというローカルな戦いは、外来種の登場によって、むしろ手を組むことになる、という燃え展開。悟空とピッコロ、ベジータだったり、正義超人と悪魔超人だったり、ライバルが味方になるっていうのは燃えますよね。

で、どうして地球に怪獣がやってくるのか、その理由が面白いです。宇宙の大いなる意思、というのがラスボス的なものになるんですが、地球は「宇宙という体にとっての悪性の腫瘍」みたいな思想なんですね。前述の通り、地球人は地球を大切にせずに環境を破壊し続け、それが駄目になる前に宇宙に出ようとする… たしかに、イナゴのようです。なので、投薬したり、手術をしたり、というのが敵の言い分。

しかも、作中で人類は、地球を安全にするためには、他の星の生物をすべて消滅させるしかない、そんな主張に傾いたりもします。怪獣がいる星を破壊する兵器を作り、その兵器を使おうとする人類に対し、主人公は説得を試みますが、青いウルトラマンには「それは人類の希望だぞ。それを打ち砕く勇気があるか?」とまで云われます。

謎解き要素

簡単に答えが出せない問題をテーマにストーリーが展開しますが、その中でも謎解き要素というか、難しい言葉が出てくるのもガイアの特徴。恐らくはエヴァンゲリオンに影響を受けたような要素がいくつかあります。宇宙から襲来する人類の滅亡を望む存在「根源的破滅招来体」、1980年代に世界中で誕生した天才児「アルケミー・スターズ」と設定としては「これって…」と思うところがありますが、もちろんエヴァとは違う帰結があります。(エヴァほど難しくないですし)
こういった設定、そしてストーリーが1年を通して描かれるわけです。

謎の天使

脇役を固める俳優が豪華

いかに設定やストーリーが面白くても、ドラマは役者さんも大事です。とくに特撮ドラマは、主人公が若い俳優だからこそ、脇を固めるベテランが大切です。ウルトラマンガイアは、地球防衛隊といえるXIG(シグ)のメンバーに宇梶剛士、渡辺裕之、平泉成とベテランの俳優陣をキャスティングしていて、その部分でとても安定感があります。画面が引き締まる感じでしょうか。

豪華脇役

チーム制組織のドラマがすごい

そんな防衛隊の設定、ドラマも個性があります。防衛隊シグは航空部隊や地上部隊、レスキュー部隊、海洋探査部隊が、各3名ずつのチームに分かれて任務を遂行するという設定となっており、それぞれのドラマも描かれているんです。1年間を通して放映されるドラマなので、主人公だけではなく、その周りに配置された脇役たちのドラマも描けるんですね。その結果、中だるみせずに深みが出ています。

ということで、デザイン、設定設計、シナリオと、特撮では他にないくらいにオススメの作品なのですが、登場がちょっと早すぎた気がします。子どもには難しいだろうし…

仮面ライダーや戦隊ものに押され気味の感のあるウルトラマンですが、過去の遺産に頼らない、素晴らしい作品ですので、機会があったらぜひ見ていただきたいなぁ、と熱烈にオススメする次第です。14年前の作品ですが、今見ても普通に見られますし、今なら hulu で全話見られますし!

おじさんの目線
ウルトラマンが変身して画面に向かって迫ってくる画はいつ見てもテンション上がる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ

  1. Strip in Oregon
  2. 精米機でおいしいごはん
  3. デジカメよりもレンズにこだわれ
  4. 新型フリード 2016年モデル
  5. “那覇のディープスポット”栄町
  1. なめたいうなじ

    考えた -I think-

    うなじ舐めたいと言えるようになったのは…
  2. お店の人に話を聞こう

    お酒のこと -drinkin-

    ひとり酒を楽しむための4つの心得
  3. ひつじとぶどう畑

    旅 -journey-

    クラフトビール好きにオススメ! NZビール紀行まとめ
  4. デジカメよりもレンズにこだわれ

    思い込み -Beliefs-

    写真にこだわるならカメラよりもレンズにこだわれって話
  5. 目利きの銀次 新都心店

    お酒のこと -drinkin-

    沖縄の居酒屋「目利きの銀次」がすごい! ただし…
PAGE TOP