葛西純選手

考えた -I think-

おじさんはヒールであるべき!

おじさんはヒールであるべき、というか、だいたいヒールになってしまうのではないか(主に仕事では)… プロレスのことを考えていて、そんな考えにたどり着きました。

おじさんともなってくると、世の中のいろいろなことを見聞きして、単純ではなくなって来ますし、主に仕事では挑むというよりは、立ちはだかる存在になることが多いと思うんですね。逆にいえば、立ちはだかる壁という存在がヒールっぽいとも言えるかな、と。

プロレスで言えば、ヒールは場の空気を読む必要がありますし、狡猾でなければできません。自分のポジションを把握して、対戦相手を立てることも必要です。これってすごいビジネススキルじゃないですか?

あとは、かっこいいおじさん像とヒール像が近いというのもあるのかもしれません。
・迎合しない、迎合してない
・キャラがブレない
・怖いけど、時々やさしい
みたいな。

ま、ヒールにもいろいろあって… アンチヒーローキャラ、ヘタレキャラ、武闘派キャラ、アニマルキャラ、狂人キャラ、エゴイストキャラとかありますけど、どんなヒールでも「自分のポジションを確立」できているならすごいことだし、おじさんもそうあるべきだよな〜、なんて思いました。

ヒールな展開

逆にヒールっぽくないおじさんもいると思うんですが、そっちの方がキャラクターとしては稀有な気もします。ベビーフェイスというよりはヒーローなんだろうなぁ、そういう人は。おい、そこのおじさん! おじさんはオンの時はどんなヒールになってますか?

おじさんの目線
オフの時は、家族想いのおじさんってのがいいと思います。

カテゴリー

ピックアップ

  1. Strip in Oregon
  2. しおまねき
  3. お店の人に話を聞こう
  4. 精米機でおいしいごはん
  5. すすきの ガールズバー ミリオン






  1. 目利きの銀次 新都心店

    お酒のこと -drinkin-

    沖縄の居酒屋「目利きの銀次」がすごい! ただし…
  2. お店の人に話を聞こう

    お酒のこと -drinkin-

    ひとり酒を楽しむための4つの心得
  3. デジカメよりもレンズにこだわれ

    思い込み -Beliefs-

    写真にこだわるならカメラよりもレンズにこだわれって話
  4. ひつじとぶどう畑

    旅 -journey-

    クラフトビール好きにオススメ! NZビール紀行まとめ
  5. 葛西純選手

    考えた -I think-

    おじさんはヒールであるべき!
PAGE TOP