レーベンブロイに戻る

旅 -journey-

ドイツ&チェコビール紀行 #3 ひとりケルンでハシゴ酒

上海で終電を逃すも、白タクで空港に向かい、無事にフランクフルトへの便に乗れた僕は、程よく眠りながらフランクフルトにたどり着きました。空がきれいでした。

日の出前の空がきれい

フランクフルトに到着したのは朝6時過ぎ。予定では、上海で別れた奥さんが北京経由で1時間後に到着することになっています。

早朝のフランクフルト

時間があるので、まずは最初のドイツビールを飲もうじゃないか、ということで見つけたお店で、この旅で初めてのドイツビールをいただきました。ビットブルガーというビール、劇的に美味しいということはなかったけど、感慨深い、そんな味わいでした。

ビットブルガー

もう1杯飲むか、それとも奥さんが到着するターミナルに向かって待つかを考えつつ、インターネットに接続すると、奥さんの友だちからメッセージが…

飛行機、まさかの12時間ディレイ

どうやら、上海から北京に飛ぶ便が遅れ、その影響でフランクフルトに着くのは夜の7時になるとのこと。さすが格安の旅。時間を潰して待つのは構わないんだけど、ひとつ困ったことがありました。今日泊まる宿はフランクフルトから南に300km行ったラーバーという村なのです。果たして、夜7時過ぎから移動を開始して辿りつけるのか… まずはドイツ国鉄のアプリで検索してみると、夜中の1時前になるけど、なんとか到着できるとのこと。次に、今回の宿を手配してくれたコバツさんに連絡。うまいこと機転をきかせてもらい、宿にも入れそうな感じに。コバツさん、雲切さん、ありがとうございました!

ドイツの列車

ということで、奥さんを待つ11時間をどう過ごすか… 幸か不幸か、今回の旅ではジャーマンレイルパスというドイツの鉄道が乗り放題のチケットを持っていたので、このチケットを使って北に200km行ったところにあるケルンに行ってみようと思い立ちました。

ICEでケルンに向かう

善は急げ。ドイツの特急ICEでケルンに向かいます。

ドイツに行くなら国鉄のアプリ DB Navigator は必須!

ドイツのICEという特急は、アプリから席の予約ができます。5ユーロくらいかかるんですが、席が空いていれば予約しなくても乗れる、座れるという柔軟性の高い仕組み。今回は初めてだったので、予約をしてみました。それにしても、今回の旅では、経路検索も席の予約もできるドイツの国鉄のアプリ「DB Navigator」が優秀で助かりました。ドイツを旅するなら必須のアプリです。

DB Navigator

席を予約したものの、電車は結構空いていて、予約で割り当てられた席はボックス席で親子連れと一緒になるというなんとも旅情を感じる時間になりました。うん、結果的には予約しなくてもよかったね。

約8時間、ケルンをひとりでハシゴ酒

さて、ケルンです。到着したのはケルン中央駅。駅を出ると目の前には、ケルン大聖堂がそびえています。

迫力があります。

この駅は2015年の大みそか、集団性暴行事件が起きてニュースになったところです。そんなことを気にしたからか、ケルンは雨模様でした。

雨の大聖堂

さて、ビール好きにとってケルンと云えば、ケルシュというビアスタイルのビールが飲める土地でもあります。ということで、ケルンにいる間にいろいろなお店のケルシュを飲んでみようじゃないかとハシゴしてきました。

ビールやお店についての詳細はこちら
ドイツ・ケルンで本場のケルシュを飲んできました!(生ビールブログ)

ドイツビール2杯目

ケルシュで有名なお店で2杯ケルシュを飲み…

ケルンを歩く

次はこちらのビアバーへ。こちらでも2杯ビールを飲んで…

Papa Joe's Biersalon(パパ・ジョーズ ビアサロン)

日本でも売っているレーベンブロイはミュンヘンのブルワリーだけど、ここでも2杯。

レーベンブロイのお店

レーベンブロイ マスター

ケルシュじゃなくて、ピルスナーを飲んだら美味しかったので、ちょっと驚いた。

レーベンブロイ

ここまででビール7杯です。まだ午前中です。

ぶらりケルン

大聖堂の方に足を向けたら、なんだか声をかけられたので記念撮影。

声をかけられたので撮影

お姫様抱っこするとか、そういう気が回らなかったけど、今になって思えば、年末の事件があるので余計なことをしなくて良かったとも思います。

ドイツで髪を切ってみる

さて、さらなるビールを探して彷徨っていると、ケルン中央駅の構内にHAIR EXPRESS なるお店を発見! これはおそらくQBハウスみたいなことだろうと思い、時間を使うために入ってみました。

美容院?

どうやら20ユーロでカットしてもらえるとのこと。QBハウスほどは安くないけど、時間もあるし、髪がモサッとしているし、何より日本を出てからお風呂に入ってないので頭を洗いたくて、カットしてもらうことにしました。で、なんとなくヘアカタログを見たんですが…

遠い存在

タトゥー入ってるし、女性だし、僕からはものすごく遠い存在な気がしますが、お店の人に「I’m OK?」と聞いたら「OK」とのことだったので続行です。

髪が洗いたかったのかも?

ヘアスタイルは、ジャーマンスタイルでおまかせ、ということで…

撮ってもらう

まずは髪を洗って…

怪訝な目

ササッとカットして、こうなりました。

こうなりました。

酔ってたこともこれしか写真がないという、なんというか、結果がわかりにくいので、数日後の写真と一緒に載せてみますね。

カット前、カット後

まあ、変な髪形にもならず、大変満足しております。ネタにしてくれてもよかったんだけども…

ドイツ・ケルンでのハシゴ酒はまだまだ続く

駅構内にもケルシュが飲めるお店がありました。ということで、ここでも2杯。

ドムケルシュ

続いて、ソーセージを焼いているお店から美味しそうな香りがしていたので…

カリーブルストのお店

写真を撮っていたら、おじさんに怒られた!

オヤジさんに怒られる

食べたかったんだよ~! ってことで早速購入。横のイートインスペースでいただきました。

ソーセージとパン

この旅では、これから何度もパンとソーセージを食べることになるんですが、どれも美味しかったなぁ。

ソーセージ、うまい!

アメリカのハンバーガーは飽きちゃったんだけど、ドイツのパンとソーセージは食べ飽きなかったです。なんでだろう。

マスタードもいいね!

まあ、一気にお腹いっぱいにならないからいいのかもなぁ、と思ったり。

いろいろ焼いてました。

いくつかのお店でケルシュを飲んだんですが、結局レーベンブロイのピルスナーが一番美味しかったので、戻ってきてしまいまして…

レーベンブロイに戻る

1リットルのジョッキでピルスナーを飲んでケルンのハシゴは終了となりました。

感動の一杯

終電を乗り継いでラーバー村へ

ケルンからICEに乗り、眠りつつ、フランクフルト空港に戻ってきました。奥さんのさらなるディレイはなく、だけど残されている時間もないので、感動の再会という感じも無く、慌てて合流して、電車を乗り継ぎ、300km南に向かいました。

乗り換えながら…

どこかでサッカーの試合があったんでしょうか。酔っぱらった若者たちが乗ってきて、ちょっと怖かったですが、特にトラブルもなく、無事にラーバー村に到着。

終電でラーバー村に到着

この日の宿であるプランク醸造所にも、スマホの地図のおかげで、駅から歩いてたどり着くことができました。

やっと宿に着きました。

我々を待っててくれた雲切さんに扉を開けてもらい、宿の説明を聞いたらすぐに就寝です。本当にありがとうございました! とにかく疲れていたし、この日はすぐに眠りにつきました。明日はお昼にラーバー村を出て、チェコ・プラハに向かいます!

おじさんの目線
いやぁ、スマホは世界を近くしますね。

#4に続く

[関連リンク]
乗継便の大幅遅延!ドイツ行きに乗れず中国大陸でぼっち確定!(毎日ビール.jp)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

ピックアップ

  1. すすきの ガールズバー ミリオン
  2. デジカメよりもレンズにこだわれ
  3. いろんな道
  4. 沖縄そば
  5. なめたいうなじ
  1. 新型フリード 2016年モデル

    レビュー -review-

    新型フリードレビュー:安全性&居住性、ファミリーカーはフリード 6人乗りがオスス…
  2. しおまねき

    考えた -I think-

    沖縄移住4年目の僕が感じた琉球王朝時代からの沖縄の気質
  3. お店の人に話を聞こう

    お酒のこと -drinkin-

    ひとり酒を楽しむための4つの心得
  4. ひつじとぶどう畑

    旅 -journey-

    クラフトビール好きにオススメ! NZビール紀行まとめ
  5. 目利きの銀次 新都心店

    お酒のこと -drinkin-

    沖縄の居酒屋「目利きの銀次」がすごい! ただし…
PAGE TOP